インフォメーション

東日本大震災復興応援「夜明け市場」開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3月4日(金)・5日(土)の2日間、東日本大震災復興応援小金井プロジェクト実行委員会主催の夜明け市場がJR武蔵小金井駅南口駅前歩道で開催されました。

夜明け市場は、のぼり旗「買って、食べて、東北を応援しよう」のとおり、東北の被災地を応援するために風評被害を受けている被災地の産品の売り上げにご協力をお願いするものであり、また、パネルを展示して現在の復興状況を知っていただくことを目的にしています。

幸い天候にも恵まれ、出足は上々でした。福島県いわき市の「さんまポーポー揚げ、ウニの貝焼き」、岩手県久慈市の「いか焼き、ほたて焼き」、宮城県石巻市の「牛タンつくね串」など東北のうまいものが作るそばから売れていきます。

地元から販売のお手伝いに来た人たちに小金井の印象をお尋ねすると、「お客さんの雰囲気が他と全く違う。小金井の人は温かいですね。本気でそう思います。」と、どの人からも笑顔で同じ言葉が返ってきます。

こちらもうれしくなります。

平成28年度の夜明け市場は年4回を予定しており、次回は6月4日(土)の黄金井名物市の中で開催します。

 

写真②

写真③

関連記事